自分にピッタリ合った名刺を作るためにはどうすればいいのか

名刺

名刺で自分をアピール

インターネットが普及して、社会人の常識が変わりつつあります。そんな中、昔から変わっていないのが「名刺」です。名刺は自分をアピールできる重要な存在なので、こだわりをもちましょう。まず大切なのは見やすさです。見づらいデザインは、その人のイメージを悪くさせてしまいます。
誰が見ても、好感がもてる分かりやすいデザインを提案しましょう。ただ、スタンダードな白地に黒文字のデザインはシンプル過ぎて、うまく自分をアピールできません。シンプルな中にもキラリと光るデザインで、自分らしさを表現しましょう。素材は紙のほかにもプラスチックや木製などさまざまなものがあります。プラスチックは湿気に強く耐久性に優れているのが魅力です。木製は、モダンでスタイリッシュな印象があります。
また、写真入りの名刺も顔を覚えやすいという理由で高く評価されているようです。免許証のようなデザインにして、趣味や好きな食べ物を入れる方法もあります。ただ、良いとされている一方でプライバシーを考えるとあまり良くないという意見もあるようです。また、渡すタイミングにも気を使わなければなりません。出して良いシーンか、やめておくべきか空気を読んで渡しましょう。

美しい名刺づくり

名刺を作るポイントは、美しく仕上げることです。インパクトも大切ですが、あまり個性を出しすぎてしまうと「常識のない人」と見られてしまうおそれがあります。「あなたに仕事をお願いしたい」と言ってもらえるような、きちんとした印象を与える名刺を作りましょう。書体は2種類までにしましょう。いくつもあると、統一性がなく見づらくなってしまうおそれがあります。また、目上の人が見ることも考えます。
パッと見て何をしている人なのか分かるように仕上げることも大切です。肩書きが分からない名刺は受け取った後、ケースに眠ったままになってしまいます。名前と住所、電話番号にメリハリをつけることも忘れてはなりません。企業名や住所を大きくすると名刺を作る意味がないので、自分を知ってもらうために名前を大きくしましょう。名刺を美しく仕上げるためにラインを揃えることも、重要です。
揃っていないとだらしない印象になってしまいます。縦のラインを意識して制作しましょう。文字をカラーにする場合は、鮮やかなカラーを選びましょう。白地に黄色や黄緑など薄いカラーはご法度です。薄い文字カラーを使う場合は、背景カラーを濃い色にして文字を目立たせましょう。

インパクトを与えるおもしろい名刺

名刺は仕事用とプライベート用に分けて制作しましょう。仕事用はスタンダードなデザインをセレクトするのがベタです。プライベート用は、少しハメを外してインパクトのあるデザインにしましょう。ケースから何度も取り出したくなるおもしろいデザインは、自分を知ってもらえるチャンスです。開くと飛び出す名刺は遊び心があり、楽しませてくれます。ただ、飛び出すだけではつまらないので、工夫しましょう。
カラーをたくさん使うと華やかになります。ゴム製で伸ばすと文字が読める名刺も、インパクトがあって何度も取り出して見たくなるデザインです。この場合、読みやすい書体を選びましょう。パズル型になった名刺も遊び心があります。制作費はかかりますが、絶大なインパクトを与えることでしょう。受け取った人は童心にかえって楽しめます。
インパクトのある名刺づくりでこれだけは外せないというのがサイズです。名刺ケースに入らないと相手を困らせてしまいます。「ポケットやバッグの中に入れて紛失した」とならないためにも大きさに配慮しましょう。また、厚くなりすぎないことも意識しましょう。サイズが適切でも厚みがあると名刺ケースがいっぱいになってしまいます。


自分だけの名刺を作成してアピールしましょう!名刺だけで、つながりが増えたり、名刺から話がはずんだりするのです!

CHOICES CONTENTS

名刺作成はパソコンで簡単にできる

名刺作成というと作るのが難しい、名刺作成のプロに頼まないとダメというイメージがあるかと思いますが、実はパソコンとプリンターさえあれば、ご家庭でご自身で簡単…

名刺作成は自社かアウトソーシングか

名刺作成というのはどこの会社でもあります。名刺というのは社会人にとって必須アイテムですので、それが10人規模の小規模会社だろうが、1万名を超える大企業だろ…

3つ折りの名刺

普段ものづくりをしない人は、名刺づくりのデザインに迷うのではないでしょうか。良い案が浮かばないときは、インターネットでさまざまなデザインを紹介しているサイ…

NEWS

TOP